自己紹介

こんにちは、発毛実践家の「きくじろう」です。

 

現在49歳 普通のサラリーマンです(^_^)
身長170cm 体重65kg の中肉中背です。

 

タレントでいうと、

“太川陽介”さん

によく似ていると言われます
(同世代の方しかわからないと思いますが・・・)

 

こんな感じの人です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

そして、お察しの通り薄毛で悩んでます。

◆高校生の時には、すでに薄毛の兆候はありました

太川陽介さんに似ているということで、
自分で言うのもなんですが、
独身時代はは結構カッコ良い部類に入っていました。

 

「え~っ 太川陽介が格好良い?」
という声が聞こえてきますが、
アイドルだった太川陽介さんは、かなりかっこよかったですよ。
(もちろん今でも、50歳代男性としては充分イケてますけどね!)

 

想像してみて下さい。
もし、太川陽介さんが我々一般人の中にまぎれて
あなたの目の前にいたら・・・・・・・

 

「おっ!やっぱりカッコイイねぇ~、
テレビで見るよりキラキラしてるよねぇ~」

って絶対に言ってしまいますよ。

 

そうなんです。
そんな感じで私はかなり輝いていたんです。でへへ・・・・

 

「ほんまかいなぁ~!」と関西の方からの突っ込みが
聞こえて来そうですが、ほんと結構カッコ良かったんですよ。

 

でもですねぇ~・・・・
非常に言いにくいんですが・・・・・・
髪の毛の量が、あきらかに少なかったんです。

ハゲてるとは言いませんが(言いたくはありませんが)、

全体にボリューム感が感じられなかったのです。

 

おそらく、見た目には全く問題なかったのですが、
近しい同級生には、「お前、絶対将来ハゲるわ~!」
と言われていました。

 

でもその時は、
「ハゲたらハゲたでカツラをかぶればいいや(*´▽`*)」
と簡単に思っていました。

 

◆大学時代も、将来絶対ハゲると多くの人に言われました

 

大学生になると、髪の毛の量を気にする人がたくさん出てきます。

 

あまり気にしていないように、意識的にしていた私も、
やがて、否が応でも「薄毛を気にする」というネガティブな渦の中に
“グルグルグルゥ~、ズッボッ”とのみ込まれていきました。

 

薄毛にまつわる「あるある話」として、

 

薄毛で“いじられている友人”の近くにいると、
必ず飛び火して
「お前も絶対将来ハゲるわー」
と言われてしまいます。

私は、ハゲをネタに面白おかしくトークできる
キャラクターではありません。

 

しかし、薄毛進行度の早い人は、
人間ができているのか、諦めているのか、
あっけらかんと自虐的にうす毛ネタを披露したりします。

 

立派ですよね (;^_^) kカンシン

 

残念ながら、なかなかそんな風になれませんけどね。

 

フサフサの髪の人は、
「薄毛の人に気を使うと、かえって失礼だぁ!」
なんて言い放ち、あからさまに薄毛をイジッてきます。

 

「お願いだから、そっとしておいてくれぇ~!!!」

薄毛の入り口にいた私は、いつもそう思いながら、
大学4年間を過ごしました。

 

まぁ、色々と巻き込まれショックは受けましたが、
その時はまだ、 「ハゲの “本当の恐怖”」 と言うものを
わかっていませんでした。

 

◆就職して5年、30歳手前にして薄毛完全発覚!

 

20歳代中盤は、ボリューム感がなくなってきてはいましたが、
ムースやスプレーで膨らみを出せば何とかごまかせていました。

経験のある方も多いと思いますが、
スポーツ時に大量の汗をかいたり、
水泳などで頭から水をかぶったりすると、

 

「骸骨に海苔」状態で、薄毛満開でした。

 

ん?・・・ガイコツに海苔???・・・・
頭に髪がベタッと張り付き、地肌に直接マジックで
髪を描いたような感じです・・・ぎゃぁ~(×_×)

 

スポーツをする時は、おでこにタオルを巻き付け、
海水浴に行くときは頭を水をつけないようにしていました。

 

このころから、少し苦労をし始めました。

ただ、ごまかせたのはこの頃までで、
28歳の時、何人もの人に

「ちょとハゲてきたね」

とあからさまに言われるようになりました。

 

今までそんなこと言われたことないのに・・・(@_@)

 

ちょっとショック・・・いや、かなりのショックでした。

 

さらに追い打ちをかけたのが、
当時、つき合いかけてた女の子の一言でした。

 

「私、彼氏が少しぐらい髪の毛が薄くても、全然気にしないよ」

 

ガビビ━━━━ヾ(゚Д゚)━━━━ン!!

そんなこと言われたら、こっちが気にするわぁ~!
本当に気にしない女性であれば、
薄毛のことには一切触れないと思います。

 

奈落の底に落とされた瞬間でした。

ハゲ協同組合会員の認定証を渡された瞬間でした。

 

◆35歳 完全に頭頂部がすけ生え際が3cm後退しました

 

もうこの時点で完全に諦めましたΣ(´∀`;)

 

市販の育毛剤を頭皮に振りかけることはしていましたが、
「もう、なるようにしかならない」と自暴自棄になっていました。

そうこうしているうちに、同級生や2~5年先輩の同世代の人たちも、
どんどんハゲ散らかしていくのが目につきました。

 

正直、ハゲていく周りの人を見て「小汚いなー」と思いました。

 

ワイシャツもスーツもパリッとしているのに、
地肌が見え少しウェーブのかかったチリチリ頭は、
不 潔感を感じました。

 

精神的に後ろめたいのか、行動さえ弱々しく感じました。

「貧相(ひんそう)・・・貧相マン(ひんそマン)!(*´ω`*)」

ああいうハゲにはなりたくないなぁ。というのが正直な感想でした。

 

しかぁー~~~~~し、私も全く同じでした。

 

鏡を見ることを避けに避けていたので、
あまり認識していませんでしたが、何年かぶりに合わせ鏡をし、
自分の髪の毛の状態を隅から隅まで確認しました。

 

なんということでしょう。

 

見ていられないぐらいのハゲっぷりでした。
言葉にできないぐらいの 「えも言えぬ恐怖」 を感じました。

◆40歳にしてはじめて、育毛業界の現実を知りました

 

私は、髪の毛を生やすためには、
「育毛サロン」に通うしかないと思っていました。

 

そのため、37歳~39歳までの約3年間、
コツコツとお小遣いを貯め、
育毛サロンに通うお金を捻出していきました。

 

家族にわからないように、 育毛サロンに通うためのお金を、

コツコツ・コツコツと、毎日、毎日、必死の思いで捻出しました。

 

一日300円を貯金箱に{チャリ~ン」と入れ、
3年間で約30万円貯まりました。

 

そして、
「よぉ~し、苦労を積み重ねて絞り出したこのお金を軍資金に、
育毛サロンに通って髪を生やすぞぉ~!!」
と決意を固めました。

育毛サロンも数々あるので、どこの育毛サロンにしようかと
インターネットで調べていくと、色々な情報が舞い込んできました。

 

育毛業界に無知だった私が、まず驚いたのは、
育毛サロンの施術費用は、
30万円では全く足りない、ということでした。

 

ばっくり言うと、最低100万円は必要・・・(えっッ!?)
しかも、発毛するかどうかも定かでない・・・・(へっぇ!!?)
と言う事でした。

 

「ジェジェじぇじぇじぇ JJ です」 
 (フレーズがちょっと古いですけど)

 

生えてもらわないと困るのです。
私にとっての30万円は汗と涙と努力の結晶なのです。

 

◆捨てる神あれば、拾う神あり

 

ネットで、色々な育毛情報を調べていくうちに、
それほどお金がかからず80%~90%の確率で
発毛する というマル秘情報を掴みました。

 

今思えばかなり危険な方法でしたが、
絶対に髪が生えるという「〇秘発毛術」なる指南書に
心を奪われてしまいました。

「よぉ~し!!!育毛サロンがダメなら、この指南書に頼るしかない!」
そう硬く決意し、「〇秘発毛術」なる指南書を購入しました。

 

色々と細かい指示もありましたが、内容のキモは、
「フィナステリドとミノキシジル」を同時に服用すれば、
6ヶ月~1年後には必ず髪がよみがえるというものでした。

 

◆40歳にして、本格的な育毛活動に取り組みました

 

これは、あまり公開してはいけない情報だと思いますが、
そのマニュアルに書かれていた武器を現在版に置き換えて紹介します。

 

①フィンペシア(フィナステリド)を服用する
②ノキシジル(ミノキシジルタブレット)を服用する
③ロゲイン(塗るタイプのミノキシジル)を頭皮につける

 

2つの経口薬と1つの外用薬を育毛活動の中心に起き、
毎日服用、塗布する。と言う事です。

 

これは、今話題の発毛外来で、
お医者さんの管理・指導のもと服用するという医薬治療です。

 

当時無知だった私は、
2万円程度で購入した「〇秘発毛術」なる指南書に
書かれている内容に即して、
ミノキシジルなのどの毛生え薬をネットで購入していました。

 

そして、毎日毎日、経口薬を服用し、
発毛剤を頭に塗布し続けました。

 

やがて、気が付くと(だいたい6か月後ぐらい)、
力強い産毛が生え始めました。おおっ!!

 

さらに、1年後には髪全体のボリュームが
10~15%ほど増えました (≧▽≦)

 

ありがとうございま~~~すvvvvvv

 

この時は、色々と教えて頂いた「〇秘発毛法」の著者の方に
「ありがとうございま~~~す」 と感謝の気持ちが止まりませんでした。

ただ、その先も薬を飲み続けましたが、
いっこうに髪が増える事はありませんでした。

 

◆40歳を目前に受診した健康診断で恐怖を覚えました

 

 

「毛生薬」を飲み続け、1年ほどたったころでした。
「発毛も止まっていましたし、そろそろ限界かなぁ~」と
思い始めていました。

 

そんな時、毎年受診している健康診断の結果を見て驚きました。

血圧が “ベコン” と異常に下がっており、
コレステロール値が “バコン” と上がっていたのです。

 

えっつ!? なぜ?????? (ノ´Д`) ?

 

正直、かなり摂生して健康には気を使っていました。
30代で太ってしまった体を絞り込み、体重を10kg落としました。

 

タバコも辞めましたし、お酒も減らし理想的な生活を送り始めて
3年が経過した、そんな時でした。

 

こんなに気を付けているのに、
血圧やコレステロールに異常値が出るなんて
“ビックリポン”です(これもまた古いフレーズ)

 

あ~、これは絶対に「毛生え薬」の影響!??
すぐに、ピーンときました。

40歳を過ぎると、本当に身近な人が
心筋梗塞や脳梗塞で倒れたりします。

 

昨日まで元気に働いていた人が、半身が動かなくなったり、
言語に障害が残るような大病に掛かったりします。

 

ミノキシジルが原因で、
血圧が高くなったり低くなったりするのは御免です。

プロペシアが原因で、
コレステロール値が上がるのも御免です。

 

ミノタブ、プロペシアのせいで、
半身不随や言語の障害に見舞われては、
自分だけでなく、家族にも迷惑がかかります。

 

絶対にそれだけは避けなくてはならないと思い、
ミノキシジルとプロペシアの服用は辞めました。

 

毛生え薬の服用は、絶対に医師の指導がないと
本当に恐ろしい事になる事を身にしみて感じました。

 

◆40歳で経口薬の服用をやめ再びハゲになりました

 

健康診断で「血圧の異常」、「コレステロール値の異常」を
目の当たりにし、ミノキシジルとプロペシアの経口薬の
服用を辞めました。

 

おかげさまで、血圧もコレステロール値も正常に戻りました

 

時折、心臓に違和感(締め付け感や不整脈っぽいカラウチ)を
感じていましたが、同時に収まりました。

 

よぉっしゃぁ~!!!ヽ(=´▽`=)ノ

 

思わずガッツポーズが飛び出しました。

 

しか~~~~し、残念な事に、
再び髪が抜け始め、ハゲてきました。

 

またもや、薄毛協同組合の会員になってしまいました。
ガクン、グスングスン┐(´~`;)┌

「命」と「ハゲ」

 

比べること自体おかしいのですが、
やっぱりハゲは嫌なんです。

 

当たり前ですが、やっぱりハゲは嫌なんです。

 

◆41歳で奇跡の出会いがありました。

 

ハゲたままでは絶対嫌だと心底思っていた私は、
雑誌やネットを駆使し、死ぬもの狂いで
育毛法を探しまくりました。

 

 

そしてついに見つけたんです。
「これだ!」という育毛法を!

それが、
Mr.3日坊主氏著の「極楽育毛革命」
でした。

 

のちのち知ることになるのですが、
実は「極楽育毛革命」は、業界では超有名な育毛マニュアルで、
実績も信頼度も高い「育毛の教科書」的存在だったんです。

 

しかし、なぜそんな有名なマニュアルなのに、
最初はすごさを感じなかったのでしょうか。

 

それは、単純にセールスレター(紹介文)が、
なんともパッとしなかったからです。

 

簡単に言うと、ジジイ臭かったんです (=_=;)

 

著者が自筆で描いたと思われる挿し絵が素人臭く、
あまり信用を置けそうには、どうも思えなかったんです。

 

要するにダサかったんです…(((;^^)

 

ただ、セールスレターをしっかり読んでみると、
「これはいけるんじゃないかぁ~」
と、ぐいぐい引き込まれて興味を持ちました。

そして、疑問に思う事や不安に思う事を、
「Mr.3日坊主」氏に何度もメールで質問をしました。

 

質問メールをする私はお客さんですから、
丁寧に返信してくれるの当然です。

 

ただ、マル秘である内容に言及したり、
深い部分のアドバイスまで、マニュアル購入前の私に
惜しげもなくレクチャーしてくれたのは驚きでした。

 

「極楽育毛革命」のマル秘育毛術と、
丁寧なアドバイスをしてくれる
著者「Mr.3日坊主」氏が師匠でいてくれるなら、

再びハゲになっていた私の頭髪も再稼働し、
満足行くところまで回復すると思いました。

 

そして、私は「極楽育毛法」を「Mr.3日坊主」氏と
二人三脚でコツコツと取り組みました。

 

そして、極楽育毛法を実践し続けたかいがあり、
20代全盛期の70%まで髪は回復し、
再びハゲる心配はなくなりました。

 

まさに人生ばら色です。

 

◆極楽育毛マニュアルと私の経験則による合わせ技で怖いものなし

「極楽育毛革命」は、
ミノキシジルやプロペシアを服用せず
髪を増やすという育毛法です。

 

私も「極楽育毛革命」のマル秘育毛術を行うに当たり、
プロペシアやミノキシジルを服用せずトライアルしました。

 

半信半疑でトライアルしましたが、
43歳のおじさんでも見事に髪を生やすことができました。

40歳を超えてでも自力で発毛させることができるんです。

 

今までの人生で、本気で喜べた事のひとつがこの出来事でした。

 

バンザーイ!バンザーイ! (^Q^)/

 

と本当に心から叫びました。

 

ただ、「極楽育毛法」は魔法の方法ではありません。

丁寧に、確実に、やるべきことを行わないといけません。

 

発毛させるには、1年ほどかかってしまいますので、
70%の人は途中で脱落してしまいます。

 

誰かの支えが無いと絶対に成功しません。

 

私は、一生懸命、一生懸命、著者の「Mr.3日坊主」氏に
質問や報告メールをしました。

 

メールで会話をすることによって、
何とか継続することができました。

あなたが、これから育毛活動に
チャレンジしようと思っているなら、
ぜひ私に相談してください。

 

すでにチャレンジされている方も、
悩んでることがあれば、ぜひ質問してください。

 

今、私は、
ハゲていた時の “どよ~ん” と沈んでいた時代から
解放された喜びと、 生き生きと人生を過ごせている感謝の気持ちを
今、悩んでいる方々に伝えたい気持ちでいっぱいです。

 

ぜひぜひ,
色々と質問してみてくださいね。

 

あなたが、もし、
「髪が生えていたら、人生が180度変わっていたのになぁ~」と
少しでも感じているなら、

まずは、「私の髪が生えそろう分までの奮闘記」 をご覧ください。

 

では、では、一緒にバラ色の暮らしを手に入れましょうね。