ハゲの原因は頭皮の突っ張りにあった~頭皮の固い人は注意


あなたは聞いたことありませんか「頭皮が硬い人はハゲやすい」と。 しかし、頭皮が硬いとはどのような状態なのか、ほとんどの人はよくわからないと思います。?今回は、頭皮が固いとはどういった状態なのか、また、頭皮が硬いと本当にハゲるのか。を解説致します。

こんにちは、育毛実践家のSHOWです。

自分の頭皮が硬いかどうかは、他人と比べてみなければわかりません。
ただ、他人の頭を触ったことのある人は、散髪屋やマッサージ師など、
ごく限られた人だと思います。

では、どのようにして硬いかどうかを判別するのでしょうか?

これは私の経験上なのですが、

頭皮が硬いというよりも、 
「頭皮が突っ張っている」という感覚を持っている方は、

間違いなく硬い頭皮の持ち主です。

a0002_007861

自分自身で頭皮をマッサージした時に、
首のつけ根の襟元と比べ、頭頂部に張り感があれば、
それはまさしく「頭皮が硬い」ということです。

人間の頭皮は、大体20歳前後で成長が止まるのに対し、
男性の場合、頭蓋骨は40歳ぐらいまで成長します。

つまり、頭皮は20歳前後で成長が止まり、
中身の頭蓋骨は40歳ぐらいまで成長するということは、
20歳以降どんどん頭皮が引っ張られ、薄く硬くなっていきます。

このことにより、当時の血管が圧迫され、
血行が悪くなり、最終的には毛根の活性化ができなくなり、
ハゲやすくなります。

女性の場合は、
20歳ぐらいで、頭皮の成長は止まりますが、
頭蓋骨の成長もほぼ同時に止まります。

ですので、頭皮が引っ張られ、
頭部の血行が悪くなる心配はありません。

a1180_006698

頭蓋骨の成長により頭皮が引っ張られる箇所は、 おでこの生え際から耳の後ろぐらいまでの、いわゆる頭頂部です。

つまり、頭皮が引っ張られない もみあげ付近や 首のつけ根の襟足部分は、ぐにゃぐにゃで、 厚い皮膚になっていると思います。

頭頂部がハゲやすく、 襟足部分はハゲにくいというのは、十分に理解できます。

仮に食生活の乱れで血液がドロドロであれば、 頭皮の細部に血液がより流れなくなり、 ハゲる確率が断然あります。

頭蓋骨が大きく、
頭皮が引っ張られていると感じている方は、
頭皮の血行を良くするよう日々努力しなければなりません。

頭皮マッサージするもよし、
内部の血行を促進する食べ物を食べるのもよし、
運動をするのもいいでしょう。

とにかく頭皮の血行を良くする為に、
色々と努力することが肝心です。

次回は、どうすれば頭皮の血行がよくなるかを解説致します。

頭皮が突っ張りすぎると、頭皮自体が硬くなり、
ひいては頭皮の血行が悪くなる為、
禿げる確率が高くなる事を、お分かりいただけましたでしょうか?

これからも、
薄毛や抜け毛、育毛に有益な情報を掲載して行きますので、
引き続きご愛顧のほど、宜しくお願い致します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す