薄毛の人は太っているように思うのすが?<薄毛と体脂肪との関係>

ダイエットび成功した人は、 同時に発毛にも成功する という都市伝説があります。

「そんなの、本当の話である筈がないよ! ばかげた噂話だよ」 と思っている人も多くいると思います。

実は、私もそう思っていましたが、
臨床データによると、あながち間違いでは無いようです。

結論を言いますと、
太っている人と言うよりも、体脂肪の高い人は、
薄毛に成る確率が15%上がる と言われています。

◆体脂肪の高い人は痩せれば髪が生えるの?

体脂肪率が高い太っている人は、普通の人に比べると、
15%ほど薄毛になりやすいなら、
痩せれば、髪が生えてくるのでしょうか?

 

いやいや、そんな簡単なもんじゃないですよね。

 

実験によると、痩せたからといって
必ず髪がフサフサに戻る事は無かった様です。

 

「なぁかんだ?じゃぁ、太ったままでいいや!」
と思ったかもしれません。

 

そう思うのも最もですが、
ただ、良く考えてみてください。

 

髪がイキイキ元気でいられるのは、
髪の根本にある孟母細胞や孟母細胞に、
しっかり栄養を届ける事ができるかどうかが左右します。

 

そのためには、
毛細血管までしっかりと血液を
運べるような体にしておかなければいけません。

 

体脂肪が高くて薄毛の人が、
ダイエットしたら、髪が生えたというメカニズムは、

 

体中の脂肪分が抜け
血液もサラサラになり、毛細血管まで血液が届く ようになり、
結果、孟母細胞まで栄養が行き渡る ようになったためです。

 

また毛穴から出る脂分も抑えられるからです。
(過剰な脂分は、育毛剤の吸収を阻害したり、
細胞の成長にあまり良い影響を与えないとも考えられています)

 

一見太ったように見えない人でも、
髪の毛が薄い人は沢山います。

 

太ったように見えなくても、実は隠れ肥満であったり、
体脂肪が極端に高かったりするのです。

 

◆薄毛の人はカロリー制限するより糖分を抑える事を考えよう

 

先日、温泉に行ったのですが、
「均整のとれた体の人は、髪もフサフサだなぁ~」
と憧れの目で見てしまいました。

 

逆に、
「この人は、一見中肉中背に見えるけど、裸になるとプヨプヨで
体脂肪がかなり高いんだろうなぁ~」
と感じた人は、7割がた薄毛でした。

 

 

今度、温泉に行った時に、そういう目で見てください。
「きくじろう」の言っていた通りだ!と感じると思います。

 

髪をフサフサにしようと思うなら、
カロリーを気にするよりも、
脂肪分や糖分を摂り過ぎないことを気にかけてください。

食事の量を極端に落とすと体重は落ちますが、
髪の毛は生えてきません。

 

適度に運動すれば、脂肪分や糖分を取っても問題はないのですが、
現代人の我々は、それほど運動する機会に恵まれません。

 

30代半ば~40代の中年男性は
ほとんど運動する機会に恵まれません。

 

ですので食事制限をするのが必須課題です。

 

私は、揚げ物を減らすことと、
コーヒーをブラックで飲むことは、絶対命題にしています。

 

あと、食後の甘いデザートは取らない!
これだけで1年で約10キロやせました。

 

ダイエットしたという気はありません。
髪の毛のために脂肪分と糖分を控えることだけを考え、
軽めの食事にしてきました。

 

ちなみに、白いご飯も糖分が多く含まれています。
ご飯をお茶碗半分ぐらいに抑えたのも
効果があったものと思われます。

 

10キロの減量に成功したのもうれしかったのですが、
何よりも髪の毛がよみがえったことが最高の喜びです。

 

フサフサ髪になるため第1ミッションは、
体脂肪を落とすこと です。

 

体脂肪を落とせば必ず髪は甦ります。

 

コツコツコツコツ頑張りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す