こんなにハゲてた?薄毛進行度を認知すれば薄毛改善スピードは3倍に

先日、一年ぶりに三面鏡で、自分の後頭部の薄毛進行度を確認しました。

「えっ!マジかよぉ~、地肌がマル見えじゃんかよぉ~」

========(lll ̄□ ̄)////////////////////////

 

あまりにもショックで立ち上がるのに数分かかりました。

◆まずは自分の薄毛進行度をチェックしましょう

髪の毛を生やすには、
現実を直視することが重要です。

 

怖いもの見たさという言葉はよくありますが、
自分のことになると、
見て見ぬふりをするのが人間の性です。

 

薄毛も同様です。

 

ここで、あなたに質問です。
自分の頭頂部、後頭部を
鏡ではっきり見たことがありますか?

 

 

ほとんどの方が、髪の毛を気にしながらも、
合わせ鏡をしたりして
後頭部を見たことがないのが事実だと思います。

 

あまりにもハゲていると、
ショックが大きいですものネェ~

 

ただ、抜け毛・薄毛対策は、
現状の薄毛進行度を認知することから始まります。

 

あまり薄くない人は、当然のことながら
必死に取り組む必要はありません。

少しばかり髪の毛が薄い人も、
それほど必死になる必要はありません。

 

ただし、誰がみても薄毛であったり、
ハゲてると思える人は別です。

よくあるのが,誰がみてもハゲているのに
自分はハゲだと認識していない人が
多いということです。

 

なぜかというと、
自分がはげていることを認めたくないですし、
ものすごくハゲている状態を、
直視したくないからです。

 

薄毛対策が進まないのは、
自分が無茶苦茶ハゲている事を認めたくなので、
薄毛進行度を確認しないために起きています。

 

つまり、ハゲてきているのに、
真剣に対策を講じていないのです。

いい加減にしか、
育毛対策に取り組んでいないのです。

 

気が付いた時には、もう手遅れなんです。

 

今すぐ鏡を持ってきて
自分の頭頂部及び後頭部を確認してください。

 

驚くほど薄くなっているはずです。

 

薄々は気づいていたかもしれませんが、
“こんなに薄くなっているなんて初めて知った”
という方が、ほとんどだと思います。

もう一度言います。
今すぐ鏡を持ってきて頭頂部及び後頭部の
薄毛進行度を確認してください。

 

どうですか?

 

自分が思う以上に
地肌が見えてがっかりしていませんか?

 

がっかりというよりもショックを受けていませんか?

 

私も、久し振りに自分の頭頂部を三面鏡で見た時は、
本当にびっくりしました。

 

この衝撃を脳裏に焼き付けて、
抜け毛対策行くも対策に取り組んでください。

 

「自分は、こんなにハゲていたのか」と、
強烈に感じた人は、
今、気付けてラッキーだと思ってください。

 

こんなにハゲているのに、
“育毛剤を頭につける”ことだけで
済ませていていいのでしょうか?

 

そんなことだけで良い筈はありませんよね。

 

食生活の改善、お酒の量の改善、睡眠時間の改善、
そして、男性ホルモン・テストステロンの発生を
抑制する方法や、テストステロンが5αリダクターゼと結合し、
DHTに変化することを制御する方法など、
たくさんの対策を講じないといけません。

 

しっかり勉強し、日々努力して初めて抜け毛を予防し、
発毛を促すことができるのです。

 

ただ、これから本気で取りこれば、
育毛効果は3倍にスピードアップします。

 

つまり、「こんなにハゲていたのか!」と、
自分の薄毛進行度をしっかり認識し、
危機感をって行動すれば、
3倍のスピードで効果を得られます。

 

◆自分の薄毛進行度を知る事が薄毛改善スピードを3倍にあげます

あれほどのショックも、
しばらくすると忘れてしまいますので、
定期的に合わせ鏡を行い現実を知ってください。

 

現実を知ることによって、
薄毛対策を継続して行うことができます。

 

しつこいようですが、もう一度言います。

 

合わせ鏡をして自分の薄毛度を確認してください。
自分がこんなに薄いのかという現実を認識してください。

 

これからは、一日に一度、
必ず自分の後頭部・頭頂部の
薄毛進行度を確認してください。

 

これが今回のミッションです。

 

「こんなにハゲてたの?
びっくりです!ショックが隠しきれません」

こんな気持ちが起こる、この作業を毎日続けてください。

 

必ず毎日、現実を認識してください。

 

これをするだけで、毎日の取り組みが姿勢が全く違います。
日々、自分の薄毛状態確認するだけで、
薄毛対策行動が、3倍、いや、5倍変わってきます。

 

非常に辛いですが、日々、確認していきましょう。

 

私と一緒に抜け毛対策・薄毛対策・育毛に取り組みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す