発毛実践初日 フィンペシアとミノタブの服用を再開しました~


約1年半服用し続けていたプロペシア(フィンペシア)とミノキシジルタブレットを、この夏、一旦、飲むのをやめました。そして再び、4ヶ月の間を空け服用をし始めました。なぜ、一旦服用をやめ、再び再開したのか?が気になるところでしょう。プロペシア(フィンペシア)とミノキシジルタブレットを服用した1年半で、薄毛の進行は止まり、発毛状態も全盛期の約50%ぐらいまでは回復しました。しかし、後頭部やおでこのあたりの生え際は、満足いく結果が出ませんでした。そこで、発毛効果をアップさせるため、一旦休止し、再度始めることにより、刺激を与え、より高い発毛効果が得られるのではないかと思い、チャレンジしました。

薬用成分は、服用し続けるとマンネリ化する

プロペシア(フィンペシア)やミノキシジルは、
長期使用で効果が得られる育毛薬です。

しかし、ある程度生えそろうと、限界がきて、
それ以上毛母細胞が活性化されず髪の毛の量が増えないと聞いたことがあります。

そこで一旦服用止め、再度、服用し始めると、頭皮への刺激が再開され、
今まで十分でなかった頭頂部やおでこの生え際なども髪の毛が、
生えてくるのではないかと、実験を行おうとしています。

通常、プロペシア(フィンペシア)を服用すると、
10日~2週間ほどで、初期脱毛が起こります。
通常、一日100本程度の抜け毛が、200本前後に増えます。

実際に数えてみれば明らかなのですが、
なかなか数えるのは難しいと思います。ただ数えなくても、
薄い髪の毛が、さらに薄くなっていくので、
毎日鏡を見ていれば明らかにわかります。

私の場合も、初めて服用した時は、約10日ほどで初期脱毛が始まり、
1週間程度で収まりました。抜け毛の本数などは数えていませんでしたが、
はっきりとこれが初期脱毛なんだなぁと実感しました。

今回は、再服用・再開ですので、どういった結果になるのかが楽しみです。
しっかり、初期脱毛が始まれば、さらに毛量が増えると期待しています。

プロペシア(フィンペシア)やミノキシジルの服用をやめると再び薄毛が進行する?

310

医学的には、服用をやめると薄毛は再び進行するとされています。
プロペシア(フィンペシア)を服用することにより、
男性ホルモンを抑制することにより薄毛の原因であるDHTを
シャットアウトしているのですから、
服用をやめると再びハゲが進行するのは当たり前です。

しかし私の場合、服用をやめていた4ヶ月間は、再び薄毛が進行することもなく、
服用中と全く変わらない毛量を維持し続けました。

これがよかったのか悪かったのかはわかりませんが、
完全に服用を中止するひと月前から、3日に1回の服用に切り替えました。

要するに、序々に服用を回数を減らし、
体を慣れさせながらフェードアウトしたような状態です。

これが功を奏したのかどうかはわかりません。

ちなみに、頭皮に塗るタイプのミノキシジル「カークランド(5%)」は、
毎日お風呂上りに塗布していました。

「極楽育毛革命」のマル秘育毛術のおかげでもあります

gokuraku-baner

プロペシア(フィンペシア)の服用を止めていたこの期間、 医学的には薄毛が再発すると言われているので、私もそう思っていました。

ただ、薬物の使用をしなくても発毛するという 「極楽育毛革命」のマル秘の施術に興味を持った私は、 この方法に取り組んで見ました。

これがなかなか気持ち良く、 育毛には抜群の効果を発揮するのではないかと思わせる方法でした。

この極楽育毛革命のマル秘育毛術を使っていたので、
ハゲの進行を食い止めたと実感しています。

この方法を続けていれば、
1年後にはプロペシアやミノキシジルの力を借りなくても、
髪の毛が生えてくるような気はします。

おそらく、確実に実行すれば生えてくるでしょう。

ただ、私は現在46歳。もう時間がありません。

極楽育毛革命のマル秘育毛術と、
プロペシアとミノキシジルを併用することにより、
発毛スピードを高めたいのです。

発毛実験・体験報告を順次していきますので、ご期待ください。

もし、この投稿記事が多少なりとも面白いと思って頂けたなら、
このバナーをポチッと押して一票を入れて頂ければ助かります m(_ _)m
このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のトラックバック

コメントを残す