スカルプシャンプーを使えば髪が生える?それは都市伝説です!

「スカルプシャンプーを使えば髪が生える!」と思ってませんか?

答えから言えば、髪や頭皮に良いといわれるシャンプーを使うだけでは髪は生えません。

 

一時期、漫才師の雨上がり決死隊・宮迫博之氏のCMで薬用シャンプー「スカルプ D」が話題になりました。

半分ハゲていた宮迫博之氏の髪の復活劇が、「半端ねえ~」って感じでビックリしたので、誰もかれもが信じ込みました。

◆髪を生やすのはシャンプーではなく育毛剤です。

薬用シャンプー「スカルプD」が、
毛生え薬のようにもてはやされ、
ブームを呼んだのも記憶に新しいと思います。

 

薄毛に悩んでる人は、
とりあえず使ってみようと思ったはずです。

 

ただ、シャンプーはあくまでシャンプーで
毛生え薬ではありません。

 

CM の効果って恐ろしいですね。

 

宮迫博之氏の髪の復活は、
ミノキシジルやフィンペシアによるものと噂されていますが、
真相は定かではありません。

 

 

ただ、ひとつ言えることは、
スカルプDを使用することにより、
ふさふさの髪になったわけではないと言うことです。

 

 

しかし、1000円以下の市販のシャンプーを
日常的に使っていると、頭皮環境は悪化していき、
発毛・育毛にとって良くないことを明らかです。

 

 

事実、私も旅先なのでやむを得ず
ホテルの備え付けシャンプーを使うと、
地肌に違和感を感じジトジトしたかゆみを覚えます。

 

 

おそらく、普段はサッパリしながら適度な潤いを与えてくれる
スカルプシャンプーを使っているため、
洗い上がりの格差をかなり感じるからだと思います。

◆どんなスカルプシャンプーを選べば良いの?

 

私も、宮迫博之氏が「スカルプD」を使って髪を生やした、
というCM を見て、しばらく使い続けました。

 

ただ、現在は切り替えました。

 

 

何を使っているかっていうと、ズバリ
「モンゴリューシャンプーです」

 

 

結論から言うと、モンゴリューシャンプーは、
私の髪質や頭皮感覚に、ばっちり合っていたからだと思います。

 

ビックリするほど、洗い上がりがサッパリしており、
かといって髪がギシギシしないんです。

 

また、髪はしっとりしているのにもかかわらず、
根元からググっと押し上げてくれ、
絶妙のボリューム感もかもし出してくれるんです。

 

 

「何これ!サッパリ・ググッとなのに、
ギシギシパサつかないじゃん!」

 

初めて使ったときの感想です。

 

 

実は、以前使っていた「スカルプD」」は、
ものすごくスッキリサッパリするんです。

 

 

頭皮の脂を根こそぎカキ取るような感じでした。

 

 

これはコレで「凄い洗浄力だなぁ」と感心していました。

 

 

ただ、髪はギシギシするし、頭皮はカサカサしだすし、
何となくかゆみも感じたりしていました。

 

 

最近は改善されているのだと思いますが、
当時はアルコール分が多く含まれており、
頭皮脂はおろか常在菌も完全に死滅させることを
目的としたシャンプーでした。

 

 

薄毛の原因は頭皮脂にある!

 

 

と言う、都市伝説をもとに作られたシャンプーだからでしょう。

 

 

今販売されている「スカルプD」は、悪くないと思いますが、
「モンゴリューシャンプー」に出会ってしまったので、
もう後戻りできなくなりました。

 

 

ただ、私もいろんなシャンプーを試していますが、
もうひとつだけ、“これはいいなあ~”
と思ったシャンプーに最近出会いました。

 

 

それは、「MARO17)」というシャンプーです。

 

俳優の香川照之氏が CM をしているやつです。

 

これがまた最高の洗い上がりなんです。
モンゴ流シャンプーよりもサッパリ洗い上げる上に、
ボリューム感もより以上に感じるんです。

 

 

「いやー参った」と感じてしまいました。

 

 

何が良いかは、
季節によって自分の髪や地肌のコンディションによって、
変わってくると思います。

 

 

少なくとも私は、
「サッパリするのにしっとりする、
さらにボリューム感もアップする」
と言うのが、自分に合っていると思います。

 

 

自分のこだわり、適正に合っているかどうかで
シャンプーは選ぶべきだと思いますが、

わたくし「きくじろう」のおすすめは、

 

①モンゴ流シャンプー

②MARO17

 

の2つです。

 

 

一度試してみて感想聞かせて欲しいものです。

 

では長くなりましたが、引き続き一緒に
フサフサ髪になる努力をしていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す