缶コーヒーや缶ジュースも抜け毛の原因になります

最近は、いたるところに自動販売機が設置されています。

簡単、手軽に冷たい・暖かいドリンクを手に入れることができます。

そんな缶コーヒーや缶ジュースには、大量の甘味料が含まれているのは、皆さんもご存知だと思います。

知ってはいるが、片目をつぶって飲んでいるのも事実だと思います。

缶コーヒーを飲みすぎるとハゲになる と言われたら、 「ビクッ!!」としませんか?

◆合成甘味料入りのドリンクは、抜け毛の原因になる

自動販売機で売られている缶コーヒーや缶ジュース、
清涼飲料水などには、砂糖のような
値段の高いものは使用されていません。

 

基本的には、合成甘味料が使用されています。

 

この合成甘味料は、“糖尿病の子供”や
キレる子供”を増やすと非難・指摘されています。

 

合成甘味料の取りすぎは、
イライラや不眠、神経障害などを引き起こす可能性があります。

 

イライラや不眠、神経障害などは、
抜け毛や脱毛につながります。

合成甘味料は吸収が早く、体調異変の引き起こしも早い

缶コーヒーや缶ジュース、清涼飲料水に含まれる
合成甘味料は、腸で吸収されやすい状態になっています。

 

イライラや不眠症などを引き起こす可能性の高い
合成甘味料が、いとも簡単に吸収されてしまいます。

 

この合成甘味料を使った缶コーヒーなど、
何気なく習慣的に飲んでいる人も多いと思います。

 

朝、会社に行けば、
仕事を始める前の気合いの缶コーヒー。

昼食後、食事の脂をスッキリさせるための缶コーヒー。

3時には、仕事のストレス解消と、
リスタートの意味での缶コーヒー。

 

1日2~3本、缶コーヒーを飲むという方も
多いのではないでしょうか。

 

このようなライフスタイルは
当たり前のように行われていますが、
体の健康面からもよくありませんが、
髪の毛の健康にも非常に危険です。

 

はっきり言うと、抜け毛の原因になっています。

 

合成甘味料入りの缶コーヒーや清涼飲料水は、
さらに酸性に体を変化させます。

 

人間の体は、
弱アルカリ性に保たなければなりませんが、
合成甘味料は、酸性にする恐れがあります。

 

酸性の体質に傾くと、生理機能が正常に維持されず、
抜け毛脱毛を引き起こす危険性が大幅にアップします。

 

育毛剤作を取り組んでいるのに効果がない。

運動やストレス解消法を積極的に
取り組んでいるのに、抜け毛が止まらない。

 

そういった方は、
合成甘味料の取り過ぎではないかと、考えてみてください。

 

もしそうなら、すぐにでも改善をしてください。

 

抜け毛予防には体質改善が一番です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す