抜け毛は秋冬に多く発生します

秋冬は、抜け毛の多い季節と言われます。

夏に取った冷たい食べ物や、サンサンとお降り注いだ夏の紫外線をたくさん浴びた影響が大きいと考えられています。

そして、それに加え、体温の低下や、交感神経が優位に立つ事が、抜け毛の原因と考えられています

◆毛母細胞への栄養不足が抜け毛の原因

寒くなるに連れ、体温低下とともに
頭皮の血行も悪くなります。

 

人間の体温は、場所によって違います。
口や舌先は、36.5℃~37℃ですが、
わきの下では36.2℃~36.3℃が平熱となっています。

 

しかし、体内温度は酵素が活発に働ける
37.2℃を1しています。

 

低体温とは、この酵素があまり働いていないことや、
貧血や交感神経優位の状態を示しています。

 

35℃台の低体温の人は、
東洋医学では「未病」と言われ、
病気ではないが健康でもないとされています。

 

低体温になると、頭皮温度も下がり、
血液が十分に行き渡らなくなります。

 

血流が悪くなり血液が十分に行き渡らなくなると、
当然、毛母細胞への栄養も行き届かなくなります。

 

つまり、夏から急激に温度の下がる秋には、
頭皮温度も下がり、抜け毛が多くなります。

 

これ以上を抜け毛多くしないためにも、
発毛サイクルを正常に保つためにも、
太陽を下げない生活を心がけることが大切です。

 

食生活の改善や運動などをし、
体を温めることをすれば、頭皮環境も改善されます。

◆抜け毛の原因は、2ヶ月前の生活行動にあり

抜け毛は、昨日今日行った頭皮に良くない行動が
すぐに反映されるわけではありません。

 

数ヶ月前の原因が、今反映されています。

 

先程も触れましたが、秋に抜け毛が多いのは、
夏の生活に問題があったことを意味しています。

 

それでは、夏の不摂生を思い出してみましょう。

①食事は三食きっちり取っていたか?
②バランスの良い食事内容だったか?
③十分な睡眠をとっていたか?
④深酒はしなかったか?
⑤喫煙は、しなかったか?
⑥ストレスは解消できていたか?
⑦便秘や下痢はなく、快便だったか?
⑧低体温や低血圧ではなかったか?
⑨冷たいものばかり食べていなかったか?
⑩冷房が効いた環境に常にいなかったか?
⑪風呂は、シャワーで済ませていなかったか?
⑫帽子はしっかりかぶり紫外線の影響は少なかったか?

いかがでしょうか。

当てはまる項目が半分以下なら、
抜け毛の心配はありません。

 

しかし、ほとんどの方は、10個以上当てはまると思います。
秋冬は、免疫力が落ちますので、この夏の失敗を真摯に受け止め、
しっかりと抜け毛対策を行いましょう。

 

過ぎ去ったことは仕方がないと思わずに、
まずは体を温め、頭皮を温めることにより、
血行を促進しましょう。

 

ケアをしないとたいへんな事になりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す