秋冬限定・発毛促進法

秋になると抜け毛が多くなります。

これは、夏場の過酷な生活が影響し、時間差で抜け毛を発生させています。

夏場は、暑さで寝不足気味になり、食欲不振や偏食を引き起こしたりします。

さらに、冷房の効きすぎる部屋に長くおり、自律神経のバランスを崩したりしています。

夏の悪い生活習慣をリセットしよう

夏に冷たいもの取りすぎたり、
睡眠不足などの不摂生が
秋の髪に影響を及ぼすのはいうまでもありません。

 

しかし、この秋、栄養を十分にとり、
早寝早起きをし、体内リズムを元に戻すと
リセットされます。

 

入浴や暖かい食べ物をとるように心がけることで、
抜け毛がおさまり、育毛活動にも効果が
よみがえってきます。

 

秋は、気温が下がったとはいえ、室内温度はやや高く、
冷たいものを飲みがちです。

 

また、衣替えのタイミングがずれ、
肌寒いとは感じながら部屋にいるときは、
半袖や半ズボンなどで過ごす場合もあると思います。

 

今日からは、温かい食べ物を積極的に取るようにし、
少しばかり室内気温が高くても、
長袖な数本の部屋着を着用し、
体を温めるようにしてください。

 

お腹のあたりには、リンパ球がたくさん存在し、
全身の約60%があると言われています。

 

内臓を冷やすことはこのリンパ球の流れを悪くし、
働きも悪くします。

 

リンパ球の働きが悪くなると風邪をひきやすくなったり、
様々な病気にかかりやすくなります。

また、体やお腹を冷やすことにより、
交感神経が優位に立ち、
顆粒球の増殖を引き起こします。

 

このことが特に、育毛に悪影響をおよぼします。

 

過剰な顆粒球は活性酸素を過剰に出し、
上皮組織を破壊します。

 

髪を作る毛乳頭細胞毛母細胞を破壊することになり、
脱毛の原因になります。

 

脱毛の原因どころか、
次に生えてくる髪を阻害してしまいます。

 

朝起きた時は、喉が乾いています。
夜知らず知らずのうちに、汗をたくさん書いているからです。

 

朝の一杯の水は体に非常に良いのですが、
冷えたお茶や牛乳を一気に飲み干すのは、よくありません。

 

体にいいと思い、野菜ジュースや生野菜を
たくさん取る方もいらっしゃいます。

 

しかし、その行為は朝から内臓を冷やすことになり、
自律神経のバランスを崩すことになります。

 

できれば、ぬるめのお湯や暖かいお茶を
飲むことをおすすめします。

 

また、秋冬はシャワーだけで済まさず、
湯船にしっかりつかり体を温めるようにしましょう。

 

体を温めることによって自律神経のバランスを保ち、
ひいては血流を良くすることにより、
毛母細胞が活性化されます。

 

あわせて睡眠も十分摂るようにすれば、
髪の毛も生き生きすること間違いありません。

 

育毛剤や薬用シャンプーだけに頼るのではなく、
血流や自律神経のバランスに目を配ることが大事です。

 

根本を改善しふさふさの髪を取り戻すようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す