育毛の秘訣は、秋の味覚をたくさん食べること

秋や冬は、必然的に暖かいものを食べたくなります。

自然に食べるからと言って、油断してはいけません。

できるだけ意図的に暖かいものを食べるようにしましょう。

しかし、温かいものだからといって、発毛によくないものを食べていてはいけません。

抜け毛促進食品とは?

抜け毛を促進する薄毛食品の代表例をご紹介致します。

①カップラーメン
②化学調味料入り食品
③農薬使用の野菜
④合成着色料、合成保存料を使用した食品
⑤ポテトチップスなどの油物スナック菓子
⑥洋菓子、チョコレート
⑦牛乳、乳製品

これらのものは、
一見して体によくないのはお分かりでしょう。

 

洋菓子や牛乳は、それに含まれる脂肪分
発毛や育毛に悪影響をおよぼします。

 

栄養価は高いのですが、薄毛の人たちは避けて通るべきです。

 

それでは、育毛のために
どんなものを口にすれば良いのでしょうか。

 

秋冬の、 “旬の食材”
しっかり食べることです。

 

野菜を多く取れば体にいいと思いがちですが、
生野菜はできる限り避けましょう。

 

生野菜は体を冷やし、
体温低下を引き起こすからです。

 

生野菜を食べるより温野菜にしたり、
味噌汁の具などに入れ暖かくした方が、
頭皮によく発毛効果を得られます

 

また、ぬか漬けなどにして
植物性乳酸菌として食べることをおすすめします。

 

魚では、カツオ、マグロ、など赤身の魚を食べると
高い育毛効果を得られます。

 

いわし、アジ、サバさんまなども、
旬の食材としておすすめです。

 

香りの多いイカ、タコ、エビも非常によく、
カキやしじみなどの貝類も、発毛・育毛の観点から
どんどん食べることをおすすめします。

 

特に、貝類には亜鉛が多く含まれています。

 

人間は亜鉛が不足すると抜け毛が多くなったり、
発毛サイクルに狂いを生じたり、よくありません。

 

肉でも豚の赤身部分は、亜鉛が多く含まれています。
特にレバーには、亜鉛が多く含まれていますので、
意図的にとることをおすすめします。

 

海藻類はミネラルも豊富で、便秘の予防にもなります。
便秘自体が解消されると、頭髪環境も良くなります。

そして、薄毛のあなたに、
ぜひ食べて欲しいのは「大豆」です。

 

大豆は、育毛食品のエースと呼ばんと言われている
代表的な食材です。

 

豆腐にして毎日食べることをおすすめします。

 

秋は豆腐の味噌汁とご飯。おかずは魚介類を中心にし、
できれば赤身のマグロやカツオ食べるようにしましょう。

 

育毛・発毛食品をしっかりと食べ、
20年前のフサフサとした髪の毛を取り戻しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す