髪が薄い人に似あう髪型と似合わない髪型


a1180_005315薄毛の人はどんな髪型にすれば良いのか常に悩んでいる事でしょう。それも、どうすれば薄くなった部分を隠せるかを意識し、髪型を決定しているケースが多いと思われます。しかし、それは実は逆効果になっているのです。では、薄毛の人にはどんな髪型が似合うのか、またどんな髪型は薄毛を目立たせてしますのかを、今回は触れたいと思います。

髪が薄い人は髪を伸ばそうとする傾向が強い

p_06薄毛は、髪の毛の本数が少ないことと、髪1本1本が細いため全体ボリュームがなくなった感じがします。

少しでもボリュームアップさせるために、髪を伸ばすという構図になっています。

つまり、薄毛を隠すために髪を伸ばすという心理が発生しているわけです。

しかし、それは逆に薄毛を目立たせてしまっているのです。

長髪は薄毛が目立ち逆効果

yamamoto1長髪にすると、必然的に髪に重みが出て頭蓋骨に張り付いたペタンコ頭になります。

さらに、細い髪を伸ばすとすだれのようになり不自然です。

逆に、薄毛をクローズアップさせてしまいます。

芸能人でいうと、少し前の山本耕治さんなんかはいい例でしょう。

生え際が後退してきている人は、前髪をたらし隠すケースも多いと思います。

ただそれも、前髪をたらしている分だけ長い目になっています。おでこを丸々隠すとなると、結構な長さになっています。

やっぱり不自然ですね。

薄毛の人に似合う髪型は「短髪」

yazawaでは、どんな髪型が似合うのでしょうか。

だいたい想像はつくと思いますが、絶対に短髪です。

髪を伸ばしていると、分け目の部分が髪の重さで引っ張られ広がってしまいます。

そのため、分け目が目立ち薄毛が助長されてしまいます。

短髪にすると、髪の毛自体の重みがかからずボリュームが出るばかりでなく、髪を前に流しさえすれば、分け目さえつけなくて済みます。

髪の毛を立ててモヒカン系にするのもお勧めです。

髪を伸ばすと髪先の細さが目立ち、薄毛を感じさせます。

短髪にすると、60日~90日で散髪するので、常に、根もとから髪先まで太い髪をキープできます。

つまり、本数は同じでも一本一本の髪が太くなり、全体のボリュームがUPします。

単純に、ボリュームアップしたように見えるだけでなく、ボリュームアップするのです。

思い切って短髪にする勇気を持とう

yamamoto2短髪にすることの利点は、ふわっとボリュームアップすることで、薄毛を感じさせない事にあります。

利点はわかっても、あとは、短髪にする勇気を持てるかどうかです。

特に、前髪を下ろしている場合は、おでこを出さなくてはならず、非常に勇気がいります。

ただ、生え際が後退して前髪を垂らしているのは、周りからみると一番不細工な感じになります。

どうしても生え際を隠したい場合は、スポーツ刈り程度に前髪を残し、短いながらも前髪を垂らす形にすれば非常にカッコよくなります。

谷沢栄吉さんの様な髪型が良いんじゃないでしょうか。

谷沢栄吉さんは、M字型に薄いが髪が太いので短髪で前へ流す感じにすれば非常にカッコ良く見えます。

デコこが広く、髪自体が細い人は、今の山本耕治さんのように、短髪でフンワリさせる髪型がサワヤカで良いと思います。

育毛しながら、カッコ良い髪型をキープしたいものです。

head100

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す