ミノキシジル・プロペシアをやめる時の唯一の秘策!病気にならずに髪も維持


ミノキシジルやプロペシアは、急にやめると体に悪い影響が出ます。はっきり言って病気になるリスクが非常に高いです。

やめる時は、急にやめずに徐々にやめることが育毛業界の鉄則です。ミノキシジルは、急にやめると血圧が急上昇し、血管に負担がかかり破裂してしまう危険があります。破裂しないまでも、心臓に負担がかかり心筋梗塞や脳溢血などの原因になったりします。

最悪の場合、「死の危険」さえはらんでいます。

プロペシアは、引用している時もコレステロール値が上がってしまう副作用がありますが、急にやめると、爆発的に悪玉コレステロール値が上がってしまうます。

 

これもまた、若くして色々な臓器に支障をきたし、入院治療をしなくてはいけない事態に陥ったりします。

 

あたなた、「へぇ~っ・・・そうなんだぁ~」ぐらいでピンと来ないかも知れません。

 

そんなに、軽く考えていては本当にダメですよ!!!マジで怖いんです。なぜ、そこまで言うのかと言うと、私は、ミノキシジル・プロペシアを急にやめることによって、実際にこの恐怖を経験しているのですから!

 

ミノキシジルで髪が生えたけど限界がありました

私は、10年前に1年間ほどミノキシジルを経口していました。

 

30代後半でしたので、「副作用があるなんて言っても、精力が減退するぐらいのことなんだったら、小さいことだよね~」と軽く考えていました。

 

何より、「髪が生えるなら、何事に変えてもやってみよう!」といきこんでミノタブを服用しました。

 

ミノタブだけでなく、抜け毛予防にとプロペシアのジェネリック医薬品「フィンペシア」も同時に服用しました。

 

「王道のセットだぁ~」なんて調子に乗っていました。

 

そして、6か月が経ち、髪の毛をなんとなく見ていると、なんと、うっすら髪の毛が生えてきたではないでしょうか。

 

さらに、10ヶ月も経った頃には、結構しっかりした髪が全体に生えてきました。

 

今思えば、ミノキシジル・プロペシアを服用して10ヶ月後ぐらいで、薬の効果は頂点に立っていたと思います。

 

「もっと生やそう!もっと生えろ!」と掛け声をかけ、それからも継続して飲み続けました。

 

しかし、12か月、13か月、14か月・・・・18か月、19か月・・・2年がたっても、10ヶ月の時を頂点に、それ以上生えることはありませんでした。

 

それなら、飲んでいても意味がないと思い、ミノキシジルをやめることにしました。

 

ミノキシジルを急にやめた時の恐怖体験

ミノタブ10mg×100錠のパックを購入していたので、飲みきった時に「スパッ」とやめました。

 

ミノキシジルは、本来、血圧降下剤としての薬であるため、至って健康だった私が経口すると、一般平均値より血圧が低くなってしまっていました。

 

変に血圧が低くて、「ちょっとマズイよなぁ~」と、服用中は思っていました。

 

ですので、低い血圧をもとに戻すために、1日も早くミノタブをやめたかったのです。その思いで「スパッ」と服用をやめました。

 

どうなったと思います?

 

実は、最初は何ともなかったんです。

 

髪もそのままキープできていましたし、体調も変化がなかったですし、
「な~んだ、心配する必要なんかなかったよ」って感じでした。

 

ところが、3週間~4週間したときに、
①歯茎が少し痛みだし、
②立ちくらみをするようになり
③呼吸が少し荒々しく感じ
④心臓が軽く締め付けられるように感じ
⑤さらに心臓が不整脈気味に空打ちすることシバシバ

 

ミノキシジルを急にやめた事が体に異変を起こしているのか?年齢のせいで体に支障が出てきているのか?は定かではありませんが、このまま、ほっておいたら病気になると思いました。

 

血圧を測ると、やっぱりグンと上がっていました。

下70 上120 ⇒⇒⇒ 下86 上135

 

「このままだったら、本当に死んでしまうかも!?」と思い、
血相を変えて病院に行きました。

 

ただ、行った病院が近所の町医者だったからか、一般的なお医者さんの反応はそうなのか、期待外れの診断でした。

 

「ミノキシジルを急にやめたので、血圧が上がったんじゃないですかね?」と言っても
お医者さんはピンと来なかったようで、「塩分を控えたりの食事療法から始めましょう」という診断でした。

 

足取りも重く、トボトボと帰る道すがら、

「大きな病院に行って、ミノキシジルを個人輸入で購入して・・・・
なんて言わない方がいいよなぁ~」

「いや、はっきり言ってシッカリ治療しよう」

「いやいや、このまま、状況を見ていれば落ち着くだろう」

などと、葛藤に葛藤を重ねました。

 

結局、食事療法を取り組むことにし、6か月後に正常値に戻りました。

 

ミノキシジルを急にやめると怖いんです。実際に経験しないとわからないことですけどね。

 

このまま、病気になって、入院し、家族に迷惑をかけ、最終的には弱弱しく死に向かう・・・みたいな不安がいつも心の中にいました。不安が不安を呼ぶんです、本当に。

 

ですので、あなたが今、ミニキシジルやプロペシアを服用しているなら、絶対に急に辞めないでください。まずは、1日おきに1錠。続いて3日おきに1錠。1週間に1錠・・・と言う具合に、徐々に間隔をあけて、フェイドアウトしてください。

 

個人的には、ミノキシジルはオススメしませんけどね。

 

ともあれ、ミノキシジル・プロペシアを急にやめると、病気になる確率が飛躍的にアップします。経験上証明されていますので、決して急に辞めないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のコメント

  • 徳原翔太

    実験送信1

コメントを残す